どんなことに気をつけるべき?工場のバイトをする前に

服装は動きやすく安全なものを

基本的に、工場でのアルバイトは梱包やシール貼り、検品など、軽作業系、あるいは荷物の運搬などになりますが、どちらの場合であっても、動きやすい服装が必要です。特に足下は、立ち仕事が多くなるので、長時間立ち続けても疲れにくい靴にしましょう。時には、安全靴や軍手が必要な職場もあります。その場合は、貸し出してくれるのか、自分で用意する必要があるのか、当日に慌てなくてもいいように、事前にしっかりと確かめておきましょう。

体調管理はしっかりと

業務内容にもよりますが、工場でのアルバイトは体力を使うものとなります。特に重いものを運ぶ必要のない軽作業でも、立ち続けるだけで疲労が蓄積されるものです。単発や、ごく短期間のバイトであっても疲れますが、これが長期間となると、さらに疲労が蓄積されます。無理をすれば、体調を崩してしまう可能性もあり得るので、体調管理は重要です。長く続けるたいのであれば、普段の生活などを考えて、無理をせずにシフトを組みましょう。

通勤で疲れることのないように

アルバイトは続けていくうちに、どうしても疲労が蓄積していきます。休日に十分な休息をとることで、疲れを抜くことはできますが、できる限り、業務以外で疲労を蓄積するのは避けたいところです。なので、通勤方法や必要な時間も考えましょう。給与や時間の条件が問題なかったとしても、通勤にあまりに時間がかかるようであれば、少し考える必要があります。また、支給される交通費には上限があるため、支給額の範囲内で通えるかどうかも重要です。

工場の求人情報には、生産ラインに関する職種や施設全体の設備管理や不動産管理などを担当する総務的な職種があります。