トップセールスを目指そう!売れる女のヒント!!

トップセールスはどんな人たち!?

一口に営業職といっても既存の顧客を相手にするのか、新規開拓を主にするのか、個人むけか法人向けか、扱う商品やサービスによっても仕事の内容はさまざまです。ただ、どんな営業でもコミュニケーション能力をフル活用しているという点では共通しているといえるでしょう。顧客への提案、金額の交渉、スケジュール調整、どのシーンも伝える力は欠かせません。一般的に男性の仕事だといわれていた営業職で今や女性が活躍している時代です。トップセールスというとバリバリ売っている女性を想像するかもしれませんが、実際には肩ひじをはらずに、謙虚な印象の人が多く、気遣いや相手にあわせる柔軟な対応ができる人が多いでしょう。

トップセールスに求められる資質とは?

売れている女性の営業職は男性に比べて相手に感情移入する力が強いといえるでしょう。顧客の目線にたって自分が顧客だったらセールスに何をもとめるのかと相手にとっての価値を先回りして示せることが必要です。そして、もう一つ、チャレンジ精神が旺盛でなければなりません。保守的にならずに、新しい環境や未経験の分野にどんどん飛び込んでいく、逆境や挫折もチャンスだと思って楽しめる人になることが必要でしょう。トップセールスの女性はこれらの資質を備えています。

売ることだけがゴールではない

営業のファーストステップにして最大のポイントは相手を知ることでしょう。トップセールスは聞くことに多くの時間をかけます。何を大事にしていて、どんな問題を抱えているのか、その課題は相手にとってどれくらい重要で、いつまでに解決したいのか、相手を知れば知るほど的確な提案ができるでしょう。じっくりとヒアリングをすることはダイレクトに商品を売り込むよりも効率がいいといえます。これいいねと顧客にいわれて、勢い込んで説明をはじめると顧客の全体像は把握できませんから、なぜそう思うのかを聞いてみましょう。ゴールは売ることだけではないのですよ。問いかけの積み重ねはリピートや紹介客へのつながりが売れる営業へと押し上げてくれるでしょう。

各企業では多くの女性営業担当者が活躍しており、男性にはない人間的魅力により企業の収益向上に寄与しているところです。