同居する家族の急な介護に慌てない為に、今から備えましょう

家族としてのコミュニケーション

同居する家族の介護それは、大抵の人がいずれ抱える問題と言われています。しかし、高齢者になってから訪れるとは限りません。心の準備をする事が出来ずに、急にそういう状況になってしまう事が多いです。そんな急な介護に慌てない為に、普段から備える事が大切です。介護でいちばんの問題は、家族関係と言われています。普段からコミュニケーションを図り、お互いの風通しを良くしておくことが重要です。他にも健康状態、かかりつけの病院や服用している薬などがあるか確認したり、近所付き合いについても知っておくといいでしょう。

介護される本人しかわからないと困ります!

もし、金銭管理を家族の誰かに任せきりの場合は、その本人が介護される立場になってしまった時、話せる状態ではなかったり、記憶がなくなってしまったりすると困りますよね。通帳や印鑑のありか、カード類などをどのように保管しているかなど、把握しておきましょう。生命保険に加入有無、その内容、預金状況なども確認しておくと、いざという時に困りません。金銭やこのような情報は、信頼関係がしっかりと築けていないと難しいので、普段からの心がけが大切です。

介護サービスについて調べておきましょう

介護は、家族だけではとても出来ません。介護保険で賄われる、介護サービスを利用するのが一般的です。介護サービスを受けるには、本人か家族が役所に申請し、認定された方が利用できます。役所に置いてあるパンフレットやホームページに情報がありますので、調べておくといいでしょう。申請するには65歳以上の人、国が指定する特定疾患である人に限られますので、利用出来ない場合は、社会福祉協議会などで行っている介護サービス、それらより割高にはなりますが、民間のサービスを料理する事も可能ですので、併せて調べておきましょう。

介護に就職するためには介護職員初任者研修を受け、介護に関する基礎知識を身に着ける必要があります。さらに介護福祉士の資格を取れば、活躍の場が広がります。